避妊ピルの通販情報を紹介しています。低用量ピルやアフターピル等の種類ごとに避妊効果・副作用・飲み方といった情報も公開しています。また、ピルを安い値段で購入できる通販情報やピルケースの紹介もありますので是非ご覧になって下さい。

各種ピルの副作用

  • HOME »
  • 各種ピルの副作用

ピルの副作用について

ピルの副作用

全ての避妊ピルは医薬品に分類されます。

医薬品であれば、風邪薬や頭痛薬であっても副作用のリスクがあるものです。

当然ながら、いかなる避妊ピルにおいても副作用の起こる可能性は出てきます。

特にピルには、エストロゲンを始め副作用が起きやすい成分が含まれているため、症状を事前に知っておく必要があります。

ネットで検索すると、必要以上に不安を煽ったりする記事を見かけますが、使用条件を把握し用法用量を守れば重大な副作用が起こることはありません。

自サイトのアクセスが欲しいために、大げさなタイトルや記事内容にしているので、そういった薄い情報に惑わされないようにしましょう。

ここでは各種ピルの副作用を分かりやすく解説していますので、初めてピルを服用される方は一度はご覧になって下さいね。

 

低用量ピルの副作用

副作用と言っても、様々な症状の可能性があります。

中には体に良い効果が現れる副作用もあります。

ただ、ここでは体に悪影響が出る副作用について説明したいと思います。

基本的にはマイナートラブルと言われる比較的軽い症状のものと、血栓症のような重度の症状に分けられると思います。

以下のページに、低用量ピルを使用した際に起こりうる副作用の詳細情報を記載しています。

また女性であれば誰でも気になる、太る副作用についても載せていますので是非ご覧になって下さい。

低用量ピルの副作用

 

アフターピルの副作用

アフターピルのメカニズムは、排卵を遅らせたり受精卵が子宮内膜への着床を防止する事で、高い避妊効果を得られる避妊ピルです。

低用量ピルに比べて少し強めの避妊ピルと言えます。

低用量ピルと同様に軽い症状と重い症状に分けられますが、軽い症状に関してはより多くの方が副作用を感じる事が多いようです。

また、血栓症のような重い症状は誰にでも起こる訳ではありませんが、リスクが高まるのは事実です。

以下のページに、アフターピルを使用した際に起こりうる副作用の詳細情報を記載しています。

特に高齢の方やヘビースモーカーの方は必ずご覧になって下さい。

アフターピルの副作用

 

他の避妊ピルの副作用

避妊パッチや避妊リングを使用した際にも副作用の可能性はあります。

特にエストロゲン等のホルモンを含んでいる避妊薬は、低用量ピルと同等のリスクを負いますので注意して下さい。

また、殺精子剤のような避妊フィルムに関しては、大きな副作用の心配はありません。

膣の炎症や痒みなどの症状が出る場合がありますが、いずれも軽微な症状となっています。

こうして避妊ピルの副作用を並べてみると、最も安全な避妊法はコンドームになるのでしょうね。

ただ、女性主導の避妊法である避妊ピルの使用はとても魅力的だと思います。

自分の生活習慣や体の調子と相談して、最も適したピルをお選び頂ければと思います。

 

SponsoredLink
PAGETOP
Copyright © 避妊ピル通販案内 All Rights Reserved.