避妊ピルの通販情報を紹介しています。低用量ピルやアフターピル等の種類ごとに避妊効果・副作用・飲み方といった情報も公開しています。また、ピルを安い値段で購入できる通販情報やピルケースの紹介もありますので是非ご覧になって下さい。

アフターピルの効果と生理

アフターピルの効果と生理について

緊急避妊薬と呼ばれるアフターピルは、服用するタイミングで効果が大きく変わってきます。

事前に知っておくべき情報をまとめていますので、使用する前にご覧になって下さい。

また、アフターピルを服用した場合の生理についても記載しています。

こちらも大事な情報ですので、しっかりと把握しておきましょう。

 

アフターピルの避妊効果

アフターピルを使用した場合の避妊効果について解説します。

多くのアフターピルにおいて、性行為から72時間以内の服用が必要と言われています。

しかし、避妊効果を最大限発揮させるには、服用するタイミングは早いほど効果が高いのです。

アフターピルを使用する場合は必ず覚えておきましょう。

以下に服用時間による避妊効果の減衰度合いを記していますので参考にして下さい。

  1. 性行為後から12時間以内・・・99.5%
  2. 性行為後から13~24時間以内・・・98.5%
  3. 性行為後から25~36時間以内・・・98.2%
  4. 性行為後から37~48時間以内・・・97.4%
  5. 性行為後から49~60時間以内・・・96.9%
  6. 性行為後から61~72時間以内・・・95.9%

24時間以内における妊娠回避率はどの種類のアフターピルを服用しても大差ありません。

ただ、25~72時間以内の減衰率は種類によって大分異なってきますので注意が必要です。

服用タイミングが早いほど効果が高いのは、2回の服用を必要とするタイプでも同様になります。

 

アフターピルと生理について

アフターピルと生理について

アフターピルが妊娠回避に成功したかどうかは、服用後に訪れる生理で判断します。

正確には生理ではなく、消退出血と呼ばれる生理に似た出血の事を言います。

この消退出血が3週間以内に起これば妊娠が回避できたと判断出来ると思います。

早い方であれば、3日~4日後には消退出血が起こります。

確認方法で難しいのは、本来の生理予定日と重なっている場合ですね。

消退出血による出血か、整理によるものなのかは中々区別が難しいのです。

ただ、どちらにせよ出血があれば妊娠していない事になりますので、余り深く考える必要は無いかも知れませんね。

もし3週間しても消退出血が起こらない場合は、妊娠している可能性があるため、妊娠検査薬などで検査してみて下さい。

また、消退出血か生理が確認できない内はコンドーム等の方法を使って避妊しましょう。

「アフターピルを使用したから妊娠の心配なし!」と勝手に思い込むのは危険ですので、しっかりと消退出血(生理)確認して次の性行為を行うようにしましょう。

 

アフターピルと妊娠検査薬

アフターピルと妊娠検査薬は可能な限りセットで購入する事が望ましいです。

当サイトでも紹介していますので、通販で賢く入手しちゃいましょう。

病院で処方されるよりもかなり安く購入できるので、どうぞご利用になって下さい。

アフターピルの種類

妊娠検査薬

 

SponsoredLink
PAGETOP
Copyright © 避妊ピル通販案内 All Rights Reserved.